人物総覧 す 庄内藩 亀ヶ崎城代

名前 杉山宜満
よみ すぎやまよしみつ
生年 寛政六年(一七九四)
没年 明治六年七月九日(一八七三)
場所 山形県鶴岡市
分類 庄内藩家老
略歴

 弓之助・願主・中務。庄内藩組頭杉山宜為の長子,文化2年(1805)8月12歳のとき父の跡を継いで900石番頭を命ぜられる。同11年(1814)組頭,文政10年(1827)中老に進む。天保7年(1836)閏3月勤務に手落ちがあって免職となったが5月中老に復し,翌8年家老に任ぜられて1000石を給される。同12年(1841)10月亀ヶ崎城代,同14年(1843)10月再び家老,嘉永2年(1849)8月から同5年(1852)5月まで江戸で酒井氏旧記取調掛。同年7月みたび家老となって家禄1200石,文久2年(1862)5月隠居し子の宜元が相続し、宜満は隠居扶持200石を与えられたが,これを辞して30人扶持となる。80で没。

杉山宜満墓所

杉山宜満の墓
  
ゆかりの人物リンク
名前 関係 補足 墓所 写真
杉山宜袁 祖父 江戸時代中期〜後期の庄内藩家老、史家 山形県鶴岡市
土方翁右衛門 交渉 江戸時代後期の庄内松山藩の家老 山形県飽海郡松山町


   
ゆかりの地リンク
場所 住所 説明 写真
亀ヶ崎城跡 酒田市
 亀ヶ崎1
  酒田東高校