人物総覧 し  郷土史家 松ケ岡開墾 北海道開拓 警察関係

名前 渋谷光敏
よみ しぶやみつとし
生年 安政三年一月六日(一八五六)
没年 明治三十一年二月二十六日(一八九八)
場所 山形県鶴岡市
分類 郷土史家
略歴

 幼名は林太郎。庄内藩士渋谷光邦の長子として鶴岡に生れる。明治6年(1873)松ケ岡開墾に参加、明治8年(1875)5月から旧藩士らとともに北海道に渡って開拓に参加し9月に鶴岡に戻り、明治9年第一大区四小区副戸長に就任する。明治15年(1882)警察に入り、明治18年(1885)警部に進み、鶴岡警察署勤務を経て狩川・藤島等の分署長を歴任した。明治21年(1888)東田川郡書記となり、防疫・兵事係を担当する。「町村事務必携」「衛生事務必携」「東田川郡震災実記」などを編纂する。明治29年(1896)県の要請により警部に復帰、山形県警察部衛生課につとめる。一方で勤務のかたわら郷土史の研究に没頭、多くの史書・文献を調査して史実の探求につとめた。43歳で没す。著書に「荘内沿革誌」「蚯声録」がある。長男の光長は歌人。(庄内人名事典より)
 墓碑銘は「渋谷光敏墓」

渋谷光敏墓所

渋谷光敏の墓
  
ゆかりの人物リンク
名前 関係 補足 墓所 写真
渋谷光長 長男 明治期〜昭和期の歌人 山形県鶴岡市
松本十郎 北海道開拓 幕末の庄内藩士、明治期の官吏、北海道開拓 山形県鶴岡市


ゆかりの地リンク
場所 住所 説明 写真
松ヶ岡開墾場 山形県
 東田川郡羽黒町
  猪俣新田
明治6年から8年まで開墾に従事
旧東田川郡役所 山形県
  東田川郡藤島町
   藤島
勤務地。現在は東田川文化記念館。
鶴岡警察署 山形県
 鶴岡市
  家中新町10-18
勤務地。県文化財。
明治17年馬場町に建設。昭和32年致道博物館に移築され。