掃苔帳 つ 岩村田藩 国学者 神道家

名前 角田忠行
よみ つのだただゆき
生年 天保五年(一八三四)一一月六日
没年 大正七年(一九一八)一二月一五日
場所 愛知県名古屋市昭和区
分類 岩村田藩士・国学者・宮司
略歴

 通称は由三郎、忠行は諱、吹舎と号した。信濃国佐久郡長土呂(現在の佐久市長土呂)に神官で尊皇思想家の角田但馬忠守の子として生まれる。父の影響をうけて育ち、安政2年脱藩して江戸に出奔、藤田東湖の門に入る。東湖が没っした後は国学者平田銕胤の門人となって塾の運営に関わった。文久3年2月京都の等持院にある足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人としてかかわり、幕吏に追われて伊那に潜伏。米川信濃と変名し沢為量に仕える。維新後は皇学所監察、学制取調御用掛、賀茂御祖神社少宮司を経て、明治7年熱田神宮少宮司、13年同社大宮司となり、大正3年までその職を務めた。著書「古史略」「伊吹舎歌集」「風の音」。
 墓碑銘は「従四位勲六等角田忠行翁之墓」。

角田忠行墓所

角田忠行の墓
    
ゆかりの人物リンク
名前 関係 補足 墓所 写真
青柳高鞆 足利氏木像梟首事件 幕末〜明治時代の国学者、「やまと叢誌」、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人 東京都豊島区
秋山光条 交友 幕末の幕臣、明治期の国学者、歌人、神祇官宣教師 東京都台東区
石川一 足利氏木像梟首事件 幕末の鳥取新田藩(東館)藩士、足利将軍三代木像梟首事件に連座、天誅組の挙兵に参加、禁門の変の際六角の獄で殺害 京都市上京区
伊藤嘉融 足利氏木像梟首事件 幕末の島原藩士、足利将軍三代木像梟首事件、鈴木重胤暗殺に関与、天狗党の乱にくわわり自刃 情報求む
梅村真一郎 足利氏木像梟首事件 幕末の島原藩士、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人 茨城県鹿島郡旭村
岡元太郎 足利氏木像梟首事件 幕末の岡山藩岡山藩士土肥典膳の家臣、足利将軍三代木像梟首事件に関与、美作で自刃 岡山県岡山市
岡山県英田郡作東町
北村義貞 足利氏木像梟首事件 幕末の尊攘}運動家、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人、池田屋事件の生き残り、維新後官吏 情報求む
沢為量 主君 幕末の堂上公家、廷臣八八卿の一人、沢宣嘉の養父 東京都豊島区
長尾郁三郎 足利氏木像梟首事件 幕末の京都の商人、尊攘運動家、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人 京都市上京区
京都市東山区
中島錫胤 足利氏木像梟首事件 幕末の徳島藩士、維新後官僚、兵庫県令、元老院議官、貴族院議員、足利将軍三代木像梟首事件に連座 東京都豊島区
西川吉輔 足利氏木像梟首事件 江戸後期〜明治期の国学者、足利将軍三代木像梟首事件に連座 滋賀県近江八幡市
野呂久左衛門 足利氏木像梟首事件 幕末の岡山藩岡山藩士土肥典膳の家臣、足利将軍三代木像梟首事件に連座 岡山県岡山市
平田銕胤 江戸後期〜明治期の国学者、平田篤胤の養子、明治新政府の神道行政の中心的存在 東京都豊島区
藤田東湖 幕末の水戸藩士、天保の藩政改革、贈正四位 茨城県水戸市
宮和田勇太郎 足利氏木像梟首事件 幕末の尊皇家、足利将軍三代木像梟首事件に連座 情報求む
三輪田元綱 足利氏木像梟首事件 幕末の尊攘運動家、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人、妻は三輪田学園を創立者三輪田真佐子 情報求む
師岡正胤 足利氏木像梟首事件 幕末〜明治時代の国学者、松尾大社大宮司、足利将軍三代木像梟首事件の首謀者の一人 東京都台東区


ゆかりの地リンク
場所 住所 説明 写真
熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区
 神宮1-1-1
  
角田忠行が明治7年から大正3年まで宮司の職にあった。