人物総覧 い
 庄内藩

名前 石原平右衛門
よみ いしわらへいえもん
生年 延宝六年(一六七八)
没年 享保十七年十二月十日(一七三二)
場所 山形県鶴岡市
分類 庄内藩家老
略歴

 専之助・要人・重寛・重貞。庄内藩家老4代目石原平右衛門(重則)の孫。父は貞享2年(1685)発狂して自殺したため、翌年9月専之助が宗家5代目を相続した。先代平右衛門の遺禄2300石のうち1700石の給与をうけ、半助の兄刑部左衛門の子伊兵衛(主馬)には600石が分与される。正徳元年(1711)6月中老、翌2年12月家老に任ぜられた。55で没。嫡子六郎左衛門(重寿)が跡を継いで平右衛門を名乗った。(庄内人名事典より)

石原平右衛門墓所
 
石原平右衛門重貞の墓
  
ゆかりの人物リンク
名前 関係 補足 墓所 写真
石原平右衛門 祖父 江戸時代初期の庄内藩家老、重則、頭巾被り平右衛門 山形県鶴岡市
石原平右衛門 長男 江戸時代中期の庄内藩家老、重寿 山形県鶴岡市
石原平右衛門 次男 江戸時代中期の庄内藩家老、多門 山形県鶴岡市

ゆかりの地リンク