松永まつなが安左エ門 やすざえもん
生没年 明治8年(1875)〜昭和46年(1971) 分類 実業家

略歴
 長崎県壱岐郡出身。明治32年(1899)慶應義塾を中退、日本銀行行員、石炭商を経て、明治42年に福博電気軌道の設立に加わり、電気事業経営に着手。大正11年(1922)東邦電力(現中部電力)を創立し昭和3年(1928)社長。停電防止・料金値下げなどのサービス向上、海外研修に大量の社員を派遣し、調査研究活動の実施、新技術の導入などをはかり。東邦電力副社長時に「電力統制私見」を発表し民営地区別9社による発送配電一貫経営を提唱。戦後ほぼ同一の内容が実現する先見性を持った経営者であった。徹底した電力民営論者で大の官僚嫌いとして知られ、戦時体制下では電力国家管理に徹底抗戦するが敗れ、昭和17年全事業からしりぞく。終戦後の昭和24年に電気事業再編成審議会会長に就任して第一線に復帰。国営化に断固反対し、今日の民間9電力体制の生みの親となった。「電力の鬼」とよばれた。茶人、登山愛好家としても知られる。"
場所 長崎県 壱岐郡石田町 松永記念館


 

場所 長崎県 壱岐郡石田町 松永記念館




戻る