はら房之助 ふさのすけ
生没年 明治2年(1869)〜昭和40年(1965) 分類 実業家・政治家

略歴
 日立製作所の創立者。久原庄三郎の4男として、山口県萩市に生まれた。父の庄三郎は藤田伝三郎の兄にあたる。明治22年(1889)慶応義塾を卒業、明治24年叔父の藤田組にはいり小坂鉱山に赴任、同鉱山を再建。明治36年藤田組を退社し、明治38年日立鉱山を開発して久原鉱業(現在のジャパンエナジー)、日立製作所を創立し、「鉱山王」の異名を取った。昭和3年(1928)経営の一部を義兄の鮎川義介に譲渡し、自身は政界に進出し、衆議院議員に当選。田中義一内閣逓信相、昭和14年政友会総裁。「政界の黒幕」と呼ばれた。
場所 秋田県 鹿角郡小坂町 小坂鉱山事務所
 




戻る