人物総覧 お 数学者 東北大学 東京理科大学

名前 小倉金之助
よみ おぐらきんのすけ
生年 明治十八年三月十四日(一八八五)
没年 昭和三十七年十月二十一日(一九六二)
場所 山形県酒田市
分類 数学者
略歴

 酒田船場町で回船問屋の子として生まれる。荘内中学校を中途退学して上京し、明治34(1901)年東京物理学校を卒業し、明治38年東京帝国大学理科大学に進むが、都合により退学して帰郷し家業を継ぐ。明治44年東北帝国大学理科大学が設立されると林鶴一博士に呼ばれてその数学助手となる。大正5(1916)年理学博士、翌年大阪の塩見理化学研究所に移り、大正8年より欧州各地を歴訪し、大正9年にはフランスで開催された国際数学者会議に出席している。帰国後の大正14年には塩見理化学研究所の所長となる。昭和12年(1937)まで退任し、東京に移住して著作活動に入る。昭和15年には東京物理学校(現在の東京理科大学)の理事長に就任し昭和18年まで勤める。戦時中は昭和19年から酒田、次いで黒森の郵便局に疎開。終戦後の昭和21年、民主主義科学者協会会長となり言論活動を再開。科学的教育の徹底を呼びかける。さらに科学史学会会長、昭和24年東京理科大学理事に選となる。明治から昭和にかけて国際的数学史家としても知られる。著書に「数学教育史」「数学史研究」「近代日本の数学」等。「小倉金之助著作集」全8巻がある。
 側面に「三代 小倉金之助」とある。

小倉金之助墓所

小倉金之助の墓
  
ゆかりの人物リンク
名前 関係 補足 墓所 写真
石原純 東北数学雑誌 明治〜昭和期の物理学者、歌人、「アララギ」創刊に参加 東京都台東区
窪田忠彦 東北数学雑誌 明治〜昭和期の数学者、統計数理研究所所長 情報求む
塩見政次 塩見理化学研究所 明治〜大正時代の実業家、大阪理化学研究所の建設費を寄付 大阪市阿倍野区
林鶴一 師事 明治〜昭和前期の数学者、「東北数学雑誌」創刊 仙台市青葉区
藤原松三郎 東北数学雑誌 明治〜昭和期の数学者、「東北数学雑誌」創刊 情報求む


ゆかりの地リンク
場所 住所 説明 写真
歌碑
酒田市
 南新1-7-16
  日和山公園
   文学の散歩道
酒田市政50周年記念事業として日和山公園に整備された
小倉文庫
東京都新宿区
 西早稲田1丁目20
  早稲田大学中央図書館
小倉金之助が私費で収集した和算